胃痛の時に食べたい食事

胃痛は時にして、死にたいと思うほどつらいものです。人によってはあぶら汗や、高熱を出す人もいらっしゃいます。そして、胃痛のときに困るのが「食事」です。ただでさえお腹が痛いのに食事をしたら、悪化してしまいそうと不安になる方も多いのではないでしょうか。今回は胃痛のときに試してみたい食事をご紹介させていただきます。

胃に負担をかけない食事を心がける

胃痛が起きるということは胃の粘膜や消化力が弱っている証拠です。従って、胃に負担がかかる食事はやめましょう。消化に悪い炭水化物や肉、刺激の強い香辛料が含んだ食事は絶対に控えるべきです。そこでおすすめしたい食材は牛乳、卵、大豆製品です。また、胃痛のときにつめたい飲み物は控えた方が良いため、ホットミルクで飲むことをおすすめします。牛乳は胃への負担が少なく、胃酸の酸性度を低め、胃壁を保護してくれます。卵に関しては半熟卵にして、食しましょう。卵は熱を加えると消化率が悪くなり、胃に長く、停滞してしまいます。また、良質な植物性たんぱく質をとることをおすすめします。たんぱく質は胃の回復を助けてくれる作用があります。しかし、固いままだと消化率が悪いので、柔らかく煮詰めたものや粉状になったもの(きなこなど)が良いでしょう。

肉好きな方は油を少なめに

ご家庭を持ち、肉が大好きな旦那様や育ち盛りのお子様がいらっしゃる主婦の方は自分が胃痛に苦しんでいるからといって、家族を巻き添えにすることに抵抗を持つでしょう。そんなときは脂分が少ないお肉を使用するようにしましょう。例えば、鶏のささみなどは脂分が少なく、胃への負担も少ないため、おすすめです。また、ヒレ肉やモモ肉なども脂分が少なくて良いでしょう。植物性たんぱく質と動物性たんぱく質は必須アミノ酸を作成するために大切な食材です。併せて摂取することで胃痛の回復が期待できます。

ストレスが原因になることも!?

女性が活躍しやすい社会になった現代では女性が感じるストレスも増加傾向にあります。ストレスを感じると交感神経が刺激され、胃が正常に機能しなくなり、胃酸の分泌量が少なくなります。そのため、胃もたれや胃痛に繋がる恐れがあります。そういったストレスから胃を守るためにも、おすすめの食事があります。それはビタミンAやビタミンEを積極的に摂取するということです。ビタミンAやビタミンEは胃粘膜を保護する作用があります。にんじん、ニラ、チンゲン菜、トマトや赤ピーマンにそれぞれ多く含まれているので、積極的に摂取しましょう。また、ビタミンEは講酸化作用があるため、老化防止など女性に嬉しい作用もあります。

いかがでしたか。食あたりや食べすぎ、日々のストレスなど胃痛の原因はたくさんあります。胃痛を回復させるためにも食事は大切な要素の一つです。また、ウィルス性胃腸炎など食事だけでは対処できないものもあります。胃痛が続き、改善しないときは医者の診察を受けることをおすすめいたします。

逆流性食道炎でお悩みの方に、逆流性食道炎の薬人気ランキング