胃のトラブルとストレスとの関係について

ストレスの多い現代社会と胃のトラブルは切っても切り離せません。特に女性は精神的にも敏感な方や、便秘で悩まされる方も多いかと思います。ストレスによる胃のトラブルは病気へと発展してしまう可能性もあるので注意が必要です。今回は胃のトラブルとストレスの関係性、原因や対策をご紹介したいと思います。

◆ストレスによる胃のトラブル
ストレスによる胃の異変は特徴があります。これから紹介する兆しに覚えがあった場合は注意が必要です。

・食事の前後にやけるような感覚がある

・緊張すると胃がきりきりする

・満腹感を得るのが早く、小食になる

・胃もたれが頻繁に起こる

・起床時に吐き気や胃のむかつきを覚える

・胃からすっぱい液が上がってくる

上記の症状が現れた場合、ストレスが原因かもしれません。

◆ストレスで起こりやすい胃の病気は?
ストレスで起こりやすい病気は急性胃腸炎、慢性胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、機能性ディスプシアです。それぞれの症状を見ていきましょう。

急性胃腸炎…みぞおちの周辺に痛みを感じ、吐き気や嘔吐を伴います。ウィルスの感染症や食事 による可能性もあります。

慢性胃炎…胃の粘膜の炎症が繰り返し起こり、慢性化する胃炎です。胃痛、胃のもたれ、不快感、食欲不振などが長期間続きます。

胃潰瘍・十二指腸潰…胃酸による粘膜を傷つけ、潰瘍を作る病気です。胸やけ、胃痛、ゲップが起こります。

機能性ディスプシア…検査上、異常はないが、胃痛、胸やけ、膨満感などの症状が起こります。

◆対処方法は?
ストレスによる胃のトラブルへの対処方法は胃に優しい生活習慣を取り入れることです。

例えば、入浴ではシャワーではなく、お湯に浸かるようにしましょう。入力は心身ともにリラックスさせる作用があり、身近で取り組みやすいストレス解消方法です。

自分ひとりだけの時間を作ることも大切です。山や海など時間や空間、人間関係から距離を置くことがおすすめです。

食事は一人で行わず、好きな人や家族と一緒に取るようにしましょう。楽しい食事の時間はストレス解消にもなります。また、よく会話をすることでよく噛んで食べ、食べ過ぎを防止することもできます。

禁煙や飲酒はストレス解消の即効性はありますが、長期的な対処にはなりません。逆に空腹時の飲酒や喫煙は胃の粘膜を傷つけてしまいます。

◆ストレス解消には適度な運動が一番
適度な運動はストレス解消だけでなく、さまざまなメリットを与えてくれます。骨を丈夫にしたり、アウトドアで紫外線を浴びるとビタミンEが生成され、老化防止にもなります。足の裏を刺激して、血流と排泄をスムーズにする効果があります。また、心理的にも満足感や達成感を得ることができ、適度な疲れは十分な睡眠へと繋がります。

いかがでしたか。何かとストレスが多い現代社会で生きる私たちですが、生活習慣や適度な運動で解決することもできます。このタイミングでご自身の生活習慣を見直されてはいかがでしょうか。

逆流性食道炎でお悩みの方に、逆流性食道炎の薬人気ランキング